ここから本文です。

ホーム >  くらし・安全 >  防災・防犯・交通安全 >  有珠山噴火防災訓練を行います

有珠山噴火防災訓練を行います

2000年の有珠山噴火から今年(令和元年)で19年が経ちました。
市や防災関係機関の連携強化や体験型訓練を行い、防災力の向上と次期噴火への備えとして、長和地区と有珠地区を対象に有珠山噴火を想定した防災訓練を行います。

訓練中は、会場周辺が大変混雑することが予想されます。ご迷惑をおかけしますが、ご理解とご協力をお願いします。

日時

令和元年10月24日(木曜日)午前9時から午後3時

場所

だて歴史の杜カルチャーセンター

訓練の内容

午前9時

  • 住民避難訓練(長和地区と有珠地区にお住まいで、訓練の参加申し込みをした方)
  • 情報伝達訓練(防災行政無線や広報車、コミュニティFM(ワイラジオ)、緊急速報(エリア)メール、ぼうさい西いぶり情報メールなどを使った避難の呼びかけ)

午前10時

  • 防災グッズ、特殊車両の展示

午後1時

  • 防災関係機関(伊達消防署、陸上自衛隊第71戦車連隊)による防災講話

午後2時

  • 避難所運営に関する体験(段ボールベッドの組み立て方など)
※午前10時以降の催しは、避難訓練の参加者以外の方も参加できますので、ぜひお越しください

お問い合わせ先

総務部総務課危機管理室
電話 0142-82-3162

メールメールでのお問い合わせはこちら

防災・防犯・交通安全

本文ここまで

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る