ここから本文です。

ホーム >  くらし・安全 >  暮らし >  市職員の隔日勤務実施と昼休みの窓口業務休止について

市職員の隔日勤務実施と昼休みの窓口業務休止について

令和2年4月16日(木曜日)の緊急事態宣言により、北海道が特別警戒都道府県になりました。
伊達市では新型コロナウイルス感染症対策として、不要不急の外出自粛やソーシャルディスタンシングの確保などの対策を実施してきたところですが、今後、大型連休を迎えるにあたり、人の往来が増加することによる更なる感染拡大に備えるため、次の期間は職員の出勤を隔日勤務とし職員間の接触機会を減らすことで、市役所機能を保全する取組を実施します。
また、職員数の減少に伴い、昼休みの時間帯に適切に市民サービスを行うことが困難になることから、一時的に昼休みの窓口業務を休止しますので、市民の皆さまのご理解とご協力をお願いいたします。
 

職員の隔日勤務の実施

  • 期間:令和2年5月7日(木曜日)から5月15日(金曜日)
  • 対象:保育所・放課後児童クラブなどを除く全職員
  • その他:各種の手続きなどに、お時間をいただく場合があります。

昼休みの窓口業務の休止

  • 期間:令和2年5月7日(木曜日)から5月15日(金曜日)
  • 休止時間:正午から午後1時までの1時間休止いたします。

お問い合わせ先

総務部総務課総務係
電話 0142-82-3162

メールメールでのお問い合わせはこちら

暮らし

本文ここまで

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る