ここから本文です。

ホーム >  くらし・安全 >  防災・防犯・交通安全 >  新型コロナウイルス感染防止のための「緊急速報メール」の活用について

新型コロナウイルス感染防止のための「緊急速報メール」の活用について

緊急速報メール(NTTドコモの「エリアメール」、au(KDDI)・ソフトバンクの「緊急速報メール」)は、緊急地震速報・津波警報・特別警報などを、対象地域にいる携帯電話ユーザーに同時配信するサービスで、回線混雑の影響を受けずに無料で受信できるのが特徴です。
令和2年5月1日、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、緊急速報メールで配信可能な項目に、「新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく感染を防止するための外出自粛要請」が追加されました。
これにより、都道府県知事から対象区域にいる携帯電話ユーザーに対して、協力を要請するメッセージの一斉配信が可能になります。
配信のタイミングは、外出自粛要請を開始したときや当該要請を変更したときなどで、この連休中にも政府の緊急事態宣言の延長が見込まれていることから、道では、知事が外出自粛要請を延長する場合などに、その旨を緊急速報メールで道内全域に配信する場合があります。配信された要請内容などの詳細(発令内容)は、道のホームページなどで公表します。
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、すべての道民の皆さんと北海道を訪れる皆さんに外出自粛要請をお知らせする手法として活用するものですので、ご理解とご協力をお願いします。

お問い合わせ先

総務部総務課危機管理室
電話 0142-82-3162

メールメールでのお問い合わせはこちら

防災・防犯・交通安全

本文ここまで

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る