ここから本文です。

ホーム >  市民協働 >  審議会 >  伊達市地域公共交通活性化協議会

伊達市地域公共交通活性化協議会

伊達市では、自家用車の普及や少子高齢化などの社会情勢の変化により地域公共交通の維持が困難になってきていることを踏まえ、地域にとって望ましい公共交通のすがたを明らかにした「地域公共交通計画」を策定するため、伊達市地域公共交通活性化協議会を設置しました。
同協議会には、公共交通事業者や道路管理者・学識経験者・市民の代表を委員に選任しています。

市内路線バス・JRの乗降調査を実施します

※調査は終了しました。ご協力いただきありがとうございました

現在策定作業をすすめている「地域公共交通計画」に、現在の公共交通の利用実態を反映させるため、市内を走る路線バスとJRの各駅で乗降調査を行います。
利用者の皆さんにはご不便をおかけしますが、ご理解とご協力をお願いします。
 
詳しい調査方法は次のとおりです。
 

調査日時

令和3年7月19日(月曜日)・20日(火曜日)の始発から最終便

路線バス

  • すべての路線バスに調査員が同乗し、利用者の皆さんにヒアリング調査を行います。
  • 混雑時は利用者の一部の方に限定したサンプル調査に変更します。

JR

  • 伊達市内のすべての駅(伊達紋別駅・黄金駅・稀府駅・北舟岡駅・長和駅・有珠駅)に調査員を配置し、改札を通る利用者の皆さんの年齢層(学生・一般など)や利用目的(通勤・通学など)などを記録します。
  • 安全性や定時運行に配慮し、ヒアリングは行いません。

その他

  • 調査員は腕章を着用し、マスク着用などの感染症対策を施したうえで調査を行います。
  • 個人を特定するような調査は行いません。

伊達市地域公共交通活性化協議会委員名簿

伊達市地域公共交通活性化協議会委員名簿
役職 氏名 委員区分
会長 菊谷 秀吉 伊達市
会長代理 岡村 崇央 伊達市
委員 有村 幹治 学識経験者(室蘭工業大学)
委員 沖山 典嗣 市が必要と認めるもの(NPO法人だて観光協会)
委員 片川 善明 市が必要と認めるもの(伊達市連合自治会協議会)
委員 金子 直記 道路管理者(伊達市)
委員 工藤 幹彦 市が必要と認めるもの(北海道地方交通運輸産業労働組合協議会室蘭地区交通運輸産業労働組合)
委員 小松 周二 道路管理者(北海道胆振総合振興局室蘭建設管理部事業室地域調整課)
委員 紺野 哲也 市が必要と認めるもの(伊達市社会福祉協議会)
委員 佐伯 健一 市が必要と認めるもの(国土交通省北海道運輸局室蘭運輸支局)
委員 須藤 克志 市が必要と認めるもの(北海道伊達緑丘高等学校)
委員 相馬 利幸 市が必要と認めるもの(北海道伊達開来高等学校)
委員 高本 克彦 公共交通事業者(道南バス株式会社)
委員 長澤 直裕 公共交通事業者(株式会社伊達ハイヤー)
委員 中嶋 康 市が必要と認めるもの(伊達市連合自治会協議会)
委員 中村 健蔵 市が必要と認めるもの(伊達商工会議所)
委員 仁平 陽一郎 道路管理者(国土交通省北海道開発局室蘭開発建設部道路計画課)
委員 野々村 貴寅 市が必要と認めるもの(北海道胆振総合振興局地域振興部地域政策課)
委員 水上 真明 公共交通事業者(光星タクシー有限会社)
委員 三角 卓司 市が必要と認めるもの(札幌方面伊達警察署交通課)
委員 村上 秀光 公共交通事業者(北海道旅客鉄道株式会社伊達紋別駅)
委員 矢内 孝昌
市が必要と認めるもの(伊達市連合自治会協議会)

※敬称略(役職・50音順)
※委員「三角 卓司」の「角」の字は中の縦線が下に突き抜けます

伊達市地域公共交通活性化協議会会議録

令和3年度

令和2年度

PDF第2回伊達市地域公共交通活性化協議会結果 (155.7KB)
PDF第1回伊達市地域公共交通活性化協議会結果 (145.1KB)

伊達市地域公共交通活性化協議会の傍聴方法

会議の傍聴を希望する方は、事務局へ事前に電話連絡するか、当日会議の開催場所にお越しください。会議開始5分前までに入室してください。
Get Acrobat Reader web logo
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、"Get Adobe Reader"アイコンをクリックしAdobe Readerをインストールの上ご参照ください。

お問い合わせ先

企画財政部企画財政課企画調整係
電話 0142-82-3114

メールメールでのお問い合わせはこちら

本文ここまで

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る