ここから本文です。

ホーム >  市政情報 >  取り組み・行政運営 >  伊達人(だてびと)を育てる「みらい塾」

伊達人(だてびと)を育てる「みらい塾」

PDF令和4年度みらい塾チラシ (562.4KB)
PDFみらい塾参加者募集チラシ (585.8KB)

伊達市では平成31年4月から第7次伊達市総合計画がスタートしましたが、その中で定めた目指すべき将来像「みんなが豊かさを感じられる市民幸福度最高のまち」の実現に向け、これからの伊達市を担う未来のリーダー「伊達人」を育成する「みらい塾」を開催します。
「みらい塾」は、北海道大学公共政策大学院の石井吉春客員教授による講義などを通じて、多様な視点を養いながら質の高い大人の学びを深められる場です。
最新の知見・情報が得られるこの機会に、ぜひ学びを深めてみませんか。
※伊達人(だてびと)とは、学校・家庭・職場・コミュニティなど、あらゆる場を通じて優れた見識・技能・問題解決力を持った伊達市の未来を担う頼もしい人材のこと

日時

令和4年6月17日(金曜日)・7月27日(水曜日)・8月18日(木曜日)・9月16日(金曜日)・10月28日(金曜日)・11月17日(木曜日)の全6回開催予定
午後6時30分から午後8時(10月28日と11月17日のみ午後8時30分まで)
※開催回数や日時を変更する場合があります
※第2回の開催日が、7月21日(木曜日)から7月27日(水曜日)に変更になりました
※第4回の開催日が、9月15日(木曜日)から9月16日(金曜日)に変更になりました
※第5回の開催日が、10月20日(木曜日)から10月28日(金曜日)に変更になりました
 

場所

保健センター(6月)
市民活動センター(7月から11月)
※7月の開催場所が、保健センターから市民活動センターに変更になりました
 

内容

「これからのまちづくりを構想する」を全体テーマとし、全6回受講していただきます。
第1回から第4回では、各講師から先進的なまちづくりについて学び、第5回で議論を行い、最終回で「自分が考えるしあわせなまち」を描きます。
※第3回の講師が変更になりました
 

第1回

市長による講演と市長、塾長とのグループトーク

第2回

演題:「江別蔦屋書店にみるまちづくり」
講師:長根 一翔氏(アイビーデザイン株式会社)

第3回

演題:「mobiによる新たなコミュニティ交通」
講師:寒竹 聖一氏(WILLER株式会社)
※mobi:AIを利用した定額相乗り交通サービス

第4回

演題:「ソーシャルインパクトボンドによる社会課題の解決」
講師:大原 裕己氏(株式会社ドリームインキュベータ)
※ソーシャルインパクトボンド:行政が解決ノウハウを持っていない社会課題などについて、民間資金を活用し解決を目指す公民連携の取組

第5回

グループ討議:「伊達市のこれからのまちづくりを構想する~自分が考える幸せなまち~」

第6回

報告会:「自分が考える幸せなまちを絵にする」
講師:林 匡宏氏(commons fun)

みらい塾報告会のご案内

今年度の「みらい塾」では、北海道大学公共政策大学院の石井吉春客員教授を塾長とし、「伊達市のこれからのまちづくりを構想する~自分が考える幸せなまち~」をテーマに、さまざまな分野の講師による講義などを通じて多様な視点を養いながら学びを深めてきました。
最終回の報告会では、これまで学んだことを生かしながら、参加者が「伊達人・マイプロジェクト」を発表し、絵師である講師に絵を描いていただきます。
市民の皆さんの見学も自由にできますので、ぜひご参加ください。

日時

令和4年11月17日(木曜日)
午後6時30分から午後8時30分

場所

市民活動センター多目的室1・2・3

内容

  • 参加者による報告会(講師:林 匡宏氏/commons fun)
  • 修了式

開催結果

第1回

日時

令和4年6月17日(金曜日)午後6時30分から午後8時

場所

保健センター

参加者

11人

内容

市長の講演のあと、参加者が2つのグループに分かれ、「自分が考える幸せなまち」をテーマに市長、塾長とそれぞれグループトークを行いました。農業やコミュニティ活動を生かしたまちづくりなどを中心に、参加者自身が考える幸せなまちを共有しながら、和気あいあいとした楽しい時間を過ごしました。
みらい塾第1回 みらい塾第1回 みらい塾第1回

第2回

日時

令和4年7月27日(水曜日)午後6時30分から午後8時

場所

市民活動センター

参加者

14人

内容

  • 演題:「江別蔦屋書店にみるまちづくり」
  • 講師:長根 一翔氏(アイビーデザイン株式会社)
江別蔦屋書店の開業がまちにどんな影響をもたらしたのか、どんな理念のもと運営しているのかを交えた講義を聞き、江別蔦屋書店をとおして地域活性化の仕組みを学びました。講義後の情報交換では、広告・宣伝の方法についてや、伊達市のまちづくりのキーワードとなるのは何か、などの質問が出ました。
みらい塾第2回 みらい塾第2回 みらい塾第2回

第3回

日時

​令和4年8月18日(木曜日)午後6時30分から午後8時

場所

市民活動センター

参加者

14人

内容

  • 演題:「mobiによる新たなコミュニティ交通」
  • 講師:寒竹 聖一氏(WILLER株式会社)
新たなコミュニティ交通mobiについて、これまでの取組事例の紹介を交えた講義をとおし、コミュニティ活性、経済活性の仕組みについて学んだあと、伊達市の現状と比較しながらこれからの公共交通について参加者同士議論を交わしました。
第3回みらい塾 第3回みらい塾 第3回みらい塾

第4回

日時

令和4年9月16日(金曜日)午後6時30分から午後8時

場所

市民活動センター

参加者

11人

内容

  • 演題:「ソーシャルインパクトボンドによる社会課題の解決」
  • 講師:大原 裕己氏(株式会社ドリームインキュベータ)
自治体が抱える社会課題を解決する官民連携の仕組みであるソーシャルインパクトボンドについて、他市の導入事例をもとに自治体での活用方法について学びました。講義後、参加者から今後導入できそうな分野や導入後の評価の方法などについての質問が出ました。
第4回みらい塾 第4回みらい塾 第4回みらい塾

第5回

日時

令和4年10月28日(金曜日)午後6時30分から午後8時30分

場所

市民活動センター

参加者

9人

内容

グループ討議:「伊達市のこれからのまちづくりを構想する~自分が考える幸せなまち~」
参加者を3グループに分け、各自プロジェクトを発表しながらお互いに良い点やアイディアを出し合ったり意見交換をして自分のプロジェクトをブラッシュアップしていきました。
みんなが参加できるプロジェクトとして誰でも主役になれる発表会の開催や、子育て環境の充実のため子どもも自由に移動ができる公共交通を導入するなどのプロジェクトが発表され、活発な意見交換が行われました。
第5回みらい塾 第5回みらい塾 第5回みらい塾

過去の開催状況

過去のみらい塾の開催状況はこちらをご覧ください
関連リンク「みらい塾」の開催状況(内部リンク)
 
Get Acrobat Reader web logo
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、"Get Adobe Reader"アイコンをクリックしAdobe Readerをインストールの上ご参照ください。

お問い合わせ先

企画財政部企画財政課企画調整係
電話 0142-82-3114

メールメールでのお問い合わせはこちら

取り組み・行政運営

本文ここまで

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る