ここから本文です。

ホーム >  市政情報 >  財政 >  伊達市簡易水道事業会計予算・決算

伊達市簡易水道事業会計予算・決算

簡易水道事業会計の予算・決算は、施設の維持管理などの経費と簡易水道料金などの収入で構成される「収益的収支」と、施設の建設改良などに要する経費とその財源で構成される「資本的収支」に分かれています。
また、資本的収支については、通常、支出が収入を上回ることから、現金支出を伴わない減価償却費などの内部留保資金で補填します。

令和2年度予算

令和2年度の予算の内容は、こちらをご覧ください。
PDF令和2年度伊達市簡易水道事業会計予算書 (788.6KB)
 

令和元(平成31)年度予算・決算

収益的収支の当初予算額は収入が9,141万1千円、支出が9,127万2千円で、3回補正した結果、最終的な予算額は収入が8,913万9千円、支出が8,906万6千円になりました。
また、決算額は収入が8,234万8,899円、支出が8,224万6,523円で、簡易水道事業は収益的収支の不足分を一般会計から繰入していることから、消費税抜の純利益は0円になりました。
 

資本的収支の当初予算額は収入が1,349万4千円、支出が4,168万6千円で、補正後の最終的な予算額は収入が932万1千円、支出が4,141万2千円になりました。
また、決算額は収入が928万7,021円、支出が4,128万5,326円で、資本的収支の不足額3,199万8,305円は、減価償却費などで補填しました。
 

令和元(平成31)年度予算と決算の内容は、こちらをご覧ください。
PDF平成31年度伊達市簡易水道事業会計予算書 (781.8KB)
PDF令和元年度伊達市簡易水道事業会計決算書 (1.1MB)

平成30年度予算・決算

収益的収支の当初予算額は収入が9,057万6千円、支出が9,008万7千円で、5回補正した結果、最終的な予算額は収入が9,168万2千円、支出が9,084万3千円になりました。
また、決算額は収入が8,402万3,496円、支出が8,357万8,306円で、消費税抜きの当年度純損失350,226円を生じました。
 

資本的収支の当初予算額は収入が1,313万1千円、支出が4,439万7千円で、補正後の最終的な予算額は収入が1,091万2千円、支出が4,907万7千円になりました。
また、決算額は収入が1,048万8,061円、支出が4,860万2,780円で、資本的収支の不足額3,811万4,719円は、減価償却費などで補填しました。
 

平成30年度予算と決算の内容は、こちらをご覧ください。
PDF平成30年度伊達市簡易水道事業会計予算書 (755.4KB)
PDF平成30年度伊達市簡易水道事業会計決算書 (1.1MB)

 

平成29年度以前の予算・決算

平成29年度以前の予算・決算については、こちらをご覧ください。
内部リンク予算・決算(内部リンク)

Get Acrobat Reader web logo
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、"Get Adobe Reader"アイコンをクリックしAdobe Readerをインストールの上ご参照ください。

お問い合わせ先

建設部水道課料金係
電話 0142-82-3297

メールメールでのお問い合わせはこちら

本文ここまで

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る