ここから本文です。

ホーム >  市民協働 >  市民参加・相談 >  令和2年度 第3回伊達市公園ワークショップの開催結果

令和2年度 第3回伊達市公園ワークショップの開催結果

令和2年11月18日(水曜日)に、令和2年度第3回伊達市公園ワークショップを開催しました。
第3回目では、3つのグループに分かれて次のことをテーマに意見を出していただきました。
 
「市が困っている公園のルールについて」
  • ボール遊びについて
  • ペットの入場について
  • 自転車やキックボードの使用について
  • ドローンの使用について
  • 花火の使用について
参加された皆さん、ありがとうございました。
ワークショップの中で出た意見を公開します。
※グループごとに出された意見を箇条書きにしているため、内容が重複している場合があります

これらの意見を、今後のワークショップや維持管理などを行ううえでのヒントとさせていただきます。
ワークショップの様子1  ワークショップの様子2
 

市が困っている公園のルールについて

ボール遊びについてのアイディア

  • 試合、ゲーム形式はしない方が良い。
  • ルールというよりマナーの問題である。
  • 特に危険な公園にだけ看板を設置した方が良い。
  • 乳幼児がケガをする可能性がある危険なことは禁止した方が良い。
  • スペースがあれば設備を作り、その場所で遊んでもらった方が良い。
  • 道具の使用や、ボールの材質などを明文化した方が良い。
  • 良心や、マナーに訴えた方が良い。
  • 親子が遊ぶようなことまでは規制しない方が良い。
  • 重大な結果をもたらす可能性があることは事前に排除した方が良い。

 ペットの入場についてのアイディア

  • リードをつけた方が良い。
  • 看板を統一し、フンの持ち帰りを呼び掛けたらどうか。
  • ペットショップ、動物病院にポスターなどで掲示した方が良い。
  • ラジオやテレビで周知してはどうか。
  • 他の人に近づかずリードをつけて散歩した方が良い。

自転車やキックボードの使用についてのアイディア

  • 禁止エリアで使用しないよう注意看板を設置した方が良い。
  • 良心に訴えてはどうか。
  • 遊べるエリアと遊べないエリアでゾーニングをした方が良い。
  • 学校や家庭で教育してもらえるような取り組みをしてはどうか。

ドローンの使用についてのアイディア

  • 小さいものであれば使用しても良いのではないか。
  • ドローンに接触したことがあるので危ないのではないか。

花火の使用についてのアイディア

  • ごみを片付けるなら使用しても良いのではないか。
  • 公園以外の条例に縛りがあるかどうか確認した方が良い。
  • まずルールを看板、チラシなどで周知した方が良い。
  • 花火の種類によっては使用しても良いのではないか。
  • 時間や場所を限定すれば使用しても良いのではないか。

お問い合わせ先

建設部下水道課公園下水道係
電話 0142-82-3296

メールメールでのお問い合わせはこちら

市民参加・相談

本文ここまで

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る