ここから本文です。

ホーム >  健康・福祉 >  医療・保健・健康 >  新型コロナワクチン接種について(4回目) 

新型コロナワクチン接種について(4回目) 

3回目接種についてはこちらをご覧ください。
関連リンク新型コロナワクチン接種について(3回目)(内部リンク)

4回目接種について

接種対象者

3回目接種完了から5ヵ月以上経過した方で次のどちらかにあてはまる方
  • 60歳以上の方
  • 18歳から59歳の方で基礎疾患がある方、そのほか新型コロナウイルス感染症にかかった場合の重症化リスクが高いと医師が認める方
※18歳から59歳の方で基礎疾患がある方は、予防接種法上の努力義務の対象とされていません
 

基礎疾患がある方の範囲

  1. 慢性の呼吸器の病気
  2. 慢性の心臓病(高血圧を含む)
  3. 慢性の腎臓病
  4. 慢性の肝臓病(肝硬変など)
  5. インスリンや飲み薬で治療中の糖尿病かほかの病気を併発している糖尿病
  6. 血液の病気(鉄欠乏性貧血を除く)
  7. 免疫の機能が低下する病気(治療中の悪性腫瘍を含む)
  8. ステロイドなど、免疫の機能を低下させる治療を受けている。
  9. 免疫の異常に伴う神経疾患や神経筋疾患
  10. 神経疾患や神経筋疾患が原因で身体の機能が衰えた状態(呼吸障害など)
  11. 染色体異常
  12. 重症心身障害(重度の肢体不自由と重度の知的障害が重複した状態)
  13. 睡眠時無呼吸症候群
  14. 重い精神疾患(精神疾患の治療のため入院している・精神障害者保健福祉手帳を持っている・自立支援医療(精神通院医療)で「重度かつ継続」に該当する場合)や知的障害(療育手帳を持っている場合)
  15. BMIが30以上の方(BMI=体重(キログラム)÷身長(メートル)÷身長(メートル))

接種ワクチン

ファイザー社製ワクチンかモデルナ社製ワクチン
 

接種間隔

3回目接種完了から5ヵ月経過後
 

接種のスケジュールと方針

PDF伊達市新型コロナワクチン接種実施計画 第4版 (1.5MB)
 

接種券について

60歳以上の方

60歳以上の方の接種券送付時期
3回目接種完了 接種券送付(令和4年)
令和3年12月 6月20日(月曜日)に発送しました
令和4年1月
令和4年2月に実施した集団接種(伊達地区)で接種をした方 6月24日(金曜日)に発送しました
令和4年2月に実施した集団接種(大滝区)で接種をした方
令和4年2月までに3回目接種を完了した60歳以上の方
7月1日(金曜日)に発送予定です
令和4年3月 7月上旬から下旬に発送予定
令和4年4月 8月上旬に発送予定


18歳から59歳の基礎疾患がある方

申請をもとに接種券を送付します。
ただし、以下にあてはまる方については、申請がなくても接種券を送付します。
  • 身体障害者手帳をお持ちの方で、心臓機能障害・呼吸機能障害・腎機能障害・肝機能障害がある方
  • 療育手帳をお持ちの方
  • 精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方
  • 1・2回目接種の際に、基礎疾患がある方として申請した方
3回目接種完了
接種券送付(令和4年)
令和3年12月 6月17日(金曜日)に発送しました
令和4年1月
令和4年2月 6月24日(金曜日)に発送しました
令和4年3月 7月25日(月曜日)に発送予定
令和4年4月 8月22日(月曜日)に発送予定
※上記の接種券送付日の後に4回目接種にあたり接種券送付の申請をされた方は、随時発送していきます。

基礎疾患がある方の接種券送付申請方法

  1. Web申請: 関連リンク基礎疾患申請フォーム(外部リンク)
  2. 電話申請: 担当にご連絡ください。ただし、60歳以上の方の予約の時期と重複すると、電話がつながりにくくなる場合があります。
  3. 郵送申請: 様式に必要事項を記入し、担当にお送りください。
    PDF接種券発行申請書(4回目接種用) (670.8KB)

郵送先

〒052-0021 北海道伊達市末永町39番地8
伊達市健康推進課新型コロナワクチン接種対策室

接種体制について

集団接種や医療機関での個別接種で接種を進めます。
また、3回目接種の際に集団接種日程を割り当てした65歳以上の方については、予約の混雑緩和のため、今回も集団接種の日程を割り当てて接種券を送付します。
日程が合わない場合、個別接種を希望する場合のみ電話かWebで変更・キャンセルをしてください。
 

接種券(接種券一体型予診票)の再発行

4回目接種の対象者で、下記にあてはまる方は、接種券一体型予診票の再発行が必要です。
  • 他市町村で3回目接種をした後に転入した場合
  • 国内で3回目接種を終えているが、接種記録システムの登録誤りなどで接種記録が確認できない場合
  • 接種券を紛失・滅失・破損した場合
  • 接種券の発送後に住民票所在地が変更になった場合
  • 予診のみで4回目接種用の接種券一体型予診票などを使用した場合
次の場合の接種券の再発行は、ファイザー社、武田・モデルナ社、アストラゼネカ社の新型コロナワクチンを接種した方に限ります。
  • 海外で3回接種した場合
  • 海外での接種と国内での接種を組み合わせて3回接種した場合
  • 在日米軍従業員接種で3回接種した場合
  • 製薬メーカーの治験などで3回接種した場合

3回目接種で住所地外接種の申請をした方へ

3回目接種の「住所地外接種届出済証」は使用できません。
やむを得ない理由で、4回目も現在の住所地での接種が難しい場合は、4回目接種を迎える時期で改めて接種を受ける市町村に申請が必要になります。
関連リンク住所地外接種・転入された方・転出される方へ(内部リンク)
Get Acrobat Reader web logo
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、"Get Adobe Reader"アイコンをクリックしAdobe Readerをインストールの上ご参照ください。

お問い合わせ先

健康福祉部新型コロナウイルスワクチン接種対策室
電話 0142-82-3390

メールメールでのお問い合わせはこちら

医療・保健・健康

本文ここまで

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る