ここから本文です。

ホーム >  健康・福祉 >  福祉 >  「生活のしづらさ調査」にご協力ください

「生活のしづらさ調査」にご協力ください

障害福祉施策の推進のための資料として、生活のしづらさなどに関する調査(全国在宅障害児・障害者等実態調査)を実施します。調査員が訪問した際には、ご協力をお願いします。

調査目的

障害者施策の推進に向けた検討の基礎資料にするため、在宅の障害児・障害者等(難病等患者やこれまでの法制度では支援の対象にならない方を含む)の生活実態とニーズを把握することを目的にしています。

調査対象

全国5,363国勢調査調査区に居住する在宅の障害児・障害者等(身体障害者手帳、療育手帳か精神障害者保健福祉手帳所持者、難病等患者やこれまでの法制度では支援の対象にならないが、長引く病気やケガなどで生活のしづらさがある方)を対象にしています。

調査対象地域

伊達市末永町の一部

調査実施日

令和4年12月1日(木曜日)

調査事項

調査対象者の基本的属性に関する調査項目

年齢、性別、障害の原因、住居、就労・就学の状況など

現在利用しているサービスと今後利用を希望するサービス

障害福祉サービスなどの利用状況、利用の希望など

調査方法

  • 調査対象地区になる世帯には、ご自宅のポストなどに調査実施のお知らせや事前調査票を投函させていただきます。内容をご確認いただき、添付された返信用封筒で事前調査票の回答をお願いします。
  • 事前調査票を元に本調査の対象になりましたら、調査員がご自宅を訪問し、調査の趣旨などを説明したうえで、調査票をお渡しします。
  • 調査票は、原則として調査対象者本人が記入します。
また、必要に応じて適切な記入の支援を実施します。
  • 視覚障害者の方に対して、希望に応じて点字版の調査票を配布
  • 調査対象者が聴覚・言語・音声機能障害者である場合は、手話通訳者の派遣について配慮
  • 障害の状況で本人が記入できない場合は、本人の希望に応じて代筆
PDF令和4年 生活のしづらさなどに関する調査の実施について(厚生労働省) (312.2KB)
Get Acrobat Reader web logo
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、"Get Adobe Reader"アイコンをクリックしAdobe Readerをインストールの上ご参照ください。

お問い合わせ先

健康福祉部社会福祉課障がい者福祉係
電話 0142-82-3193

メールメールでのお問い合わせはこちら

福祉

本文ここまで

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る