ここから本文です。

ホーム >  健康・福祉 >  医療・保健・健康 >  新型コロナワクチン接種について

新型コロナワクチン接種について

新型コロナワクチン接種について

新型コロナワクチン接種は、無料で受けられる「特例臨時接種」が令和6年3月31日で終了し、令和6年度以降は、65歳以上の高齢者などを対象者とした「定期接種」として実施します。

定期接種の対象者

  • 65歳以上の者
  • 60歳以上65歳未満の者であって、心臓、腎臓または呼吸器の機能に自己の身辺の日常生活活動が極度に制限される程度の障がいを有する者およびヒト免疫不全ウイルスにより免疫の機能に日常生活がほとんど不可能な程度の障がいを有する者

接種時期・回数

秋冬に1回
※時期が決まりましたらお知らせします

接種費用

定期接種の対象者に当てはまる方は一部助成あり
※金額が決まりましたらお知らせします

任意接種について

定期接種の対象にならない方や定期接種期間外に接種を希望される方は、「任意接種」として接種を受けることができます。接種費用は全額自己負担となります。接種時期や使用ワクチンなどは医療機関によって異なりますので、医療機関へお問い合わせください。

予防接種健康被害救済制度について

予防接種では、副反応による健康被害(病気になったり障がいが残ったりすること)が起こることがあります。
極めてまれではあるものの避けることはできないことから、救済制度が設けられており、認定された場合、予防接種を受けたときに住民票があった市町村から規定された金額の給付があります。
制度の詳細や必要な書類については、厚生労働省のホームページに掲載がありますが、状況によって準備する書類が変更となる場合がありますので担当までご相談ください。
予防接種健康被害救済制度について(厚生労働省ホームページ)(外部リンク)

 

医療・保健・健康

本文ここまで

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る