ここから本文です。

熱中症に注意しましょう

熱中症は高温多湿な環境に長時間いることで体温調整機能がうまく働かなくなり、体内に熱がこもった状態を指します。気温の高い日や熱中症警戒アラートが出ている日等は、特に熱中症予防が大切です。こまめな水分・塩分の補給、扇風機やエアコンの利用などの熱中症の予防法を今一度ご確認ください。
熱中症の注意が特に必要な高齢者・障がいのある方・子どもなどは、周りの人が協力して注意深く見守りましょう。
また、熱中症患者が発生したときは、救急医療機関などで適切に受診しましょう。
環境省のホームページでは、熱中症のかかりやすさを示す「暑さ指数(WBGT)」を公表していますので、随時確認し、熱中症を予防しましょう。
関連リンク環境省熱中症予防情報サイト(外部リンク)
 

熱中症の予防法

  • こまめに水分・塩分を補給する。
  • 暑い時には無理をしない。
  • 日傘や帽子を活用する。
  • 涼しい服装をする。
  • こまめに休憩する。
  • 日陰を利用する。
  • 室内でも温湿度を測る。
  • 体調の悪いときは特に注意する。
  • 扇風機やエアコンを利用して室温を下げる。

作業時の注意点

  • 体調が悪い日は作業を行わないようにする。
  • 日陰を確保して一定時間ごとに必ず休憩をとる。
  • できるだけ2人以上でお互いの体調を確認しながら作業を行う。

熱中症の症状

  • 軽症:めまい、立ちくらみ、筋肉痛、汗が止まらない
  • 中等症:頭痛、吐き気、体のだるさ(倦怠感)、虚脱感
  • 重症:意識がない、けいれん、高い体温、呼びかけに対し返事がおかしい、まっすぐ歩けない、走れない

熱中症になった時の処置

意識がある、反応が正常なとき

  1. 涼しい場所へ避難させる。
  2. 衣服を脱がせ体を冷やす。
    ※首・脇・足の付け根部分を冷やすと効果的です
  3. 水分・塩分を補給する。
    ※水を自力で飲めない・症状が改善しない場合は直ちに救急車を要請してください

意識がない、反応がおかしいとき

  1. 救急車を要請する。
  2. 救急車が到着するまで、涼しい場所へ避難させ、衣服を脱がせ体を冷やす。

お問い合わせ先

健康福祉部健康推進課地域保健係
電話 0142-82-3198

メールメールでのお問い合わせはこちら

医療・保健・健康

ページの先頭へ戻る