ここから本文です。

不妊治療費の一部を助成します

伊達市では、不妊治療を受けた夫婦の経済的な負担を軽減するため、治療費の一部を助成しています。
助成を受けるには、毎年度末までに申請が必要で、助成の対象になる1年度(1月から12月まで)の間で受診した医療保険適用の不妊治療が対象です。
PDF伊達市不妊治療費助成事業のご案内 (472.4KB)

助成対象者

次の要件すべてにあてはまる方
  • 不妊治療を受けている夫婦である。
  • 夫婦のどちらかの住所が伊達市にある。
  • 医療保険に加入している。
  • 夫婦ともに市税(国民健康保険税を含む)の滞納がない。
  • ほかの市町村で同じ治療に対し助成を受けていないか受ける見込みがない。
  • 受けた治療期間の初日における妻の年齢が43歳未満である(特定不妊治療のみ)。

助成内容

助成の対象になる1年度(1月から12月まで)に支払った治療費の自己負担分(夫婦分を合計した額)のうち、下記の額を上限として、通算3回(3年間)まで助成します。
  • 一般不妊治療 1回35,000円
  • 特定不妊治療 1回50,000円

申請方法

次の書類を毎年3月31日までに担当窓口に提出してください。
※不妊治療が終了し、それ以降治療予定がないときや治療費の自己負担分の合計額がすでに助成上限額を超えているときは、その時点で申請ができます

「北海道特定不妊治療費助成事業」の経過措置について

治療期間の初日が令和4年3月31日以前であり、令和4年4月1日から令和5年3月31日までの間に治療が終了し「北海道特定不妊治療費助成事業」を受けた方は、年度をまたぐ1回に限り伊達市特定不妊治療助成金の対象になります。
伊達市特定不妊治療助成金の詳しい内容はこちらをご覧ください。
関連リンク特定不妊治療費の一部を助成します(内部リンク)
Get Acrobat Reader web logo
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、"Get Adobe Reader"アイコンをクリックしAdobe Readerをインストールの上ご参照ください。

お問い合わせ先

健康福祉部子育て支援課保育係(電話:0142-82-3194)
健康福祉部健康推進課地域保健係(電話:0142-82-3198)

妊娠・出産・子育て

ページの先頭へ戻る