ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

総合公園だて歴史(れきし)の杜(もり)

総合公園だて歴史の杜にはカルチャーセンターなどの文化施設(しせつ)や総合体育館などの体育施設があります。
また、公園内では友だちや家族と遊んだりできるほか、いろいろなイベントやお祭りが行われます。

カルチャーセンター

1,000人以上の観客(かんきゃく)が入ることのできる大ホール、会議やサークルなどに利用できる講堂(こうどう)や集会室などがあります。
 
カルチャーセンターの外観写真

所在地

〒052-0012 北海道伊達市松ヶ枝町34番地1
関連リンクカルチャーセンター(内部リンク)

電話

0142-22-1515
 

総合体育館

国際(こくさい)大会を開くことができるメインアリーナや軽スポーツを行うことのできるサブアリーナ、会議を行うための多目的室などもあります。
 
体育館の外観写真

所在地

〒052-0012 北海道伊達市松ヶ枝町34番地1
関連リンク総合体育館(内部リンク)

電話

0142-23-8600
 

温水プール・トレーニング室

大きなプールと歩行用プール、幼児用(ようじよう)プールに加えて、ジャグジーもあります。
プール以外には、有珠山をながめながら運動のできるトレーニング室があります。

  温水プール・トレーニング室の外観写真

所在地

〒052-0012 北海道伊達市松ヶ枝町34番地1
関連リンク温水プール・トレーニング室(内部リンク)

電話

0142-23-8300
 

図書館

図書館内の写真

所在地

〒052-0022 北海道伊達市梅本町67番地5
関連リンク図書館(内部リンク)

電話

0142-25-3336

だて歴史の杜食育センター

 だて歴史の杜食育センターの外観と配食車

所在地

〒052-0022 北海道伊達市梅本町71番地8
関連リンクだて歴史の杜食育センター(平成30年1月供用開始)(内部リンク)

電話

  • 学校給食担当:0142-23-4019
  • 食育レストラン・施設維持管理担当:0142-82-3591

開拓記念館(かいたくきねんかん)※平成29年11月30日閉館しました

伊達市を開拓した「伊達邦成(だてくにしげ)」に関係のある品が収められていましたが、建物が古くなったので、平成29年11月30日に閉館(へいかん)してしまいました。
開拓記念館に展示してあった品は、平成31年4月に開館予定の「だて歴史文化ミュージアム」に展示します。
※「開拓」とは、山林や原野など人が住めないような場所などを切り開いて、田畑や住むところ、道路などをつくること
 
開拓記念館の外観写真

所在地

〒052-0022 北海道伊達市梅本町61番地2
関連リンク開拓記念館(内部リンク)

電話

なし
 

迎賓館(げいひんかん)

伊達を開拓(かいたく)した伊達邦成(だてくにしげ)は、がんばったご褒美(ほうび)として、当時の明治政府から男爵(だんしゃく)という高い地位をもらいました。そのお祝いとして明治25年(1892年)に伊達邦成の家来たちが建てた家で、洋室と和室があります。この当時にはめずらしい建物でした。
開拓の進み具合(ぐあい)などをみるために本州からおとずれる明治政府の役人などをもてなすために使われました。建てられてから今までの長い年月の中、増改築(ぞうかいちく)が繰り返されて部屋の数が変わっているようです。
平成4年に市有形文化財に指定され、平成25年度に窓や壁を直すなどの大きな修理が行われました。
 
  迎賓館の外観写真

所在地

〒052-0022 北海道伊達市梅本町61番地2
関連リンク迎賓館(内部リンク)

電話

なし

用語説明

男爵

五等爵という位がありました。公爵、侯爵、伯爵、子爵、男爵の5つです。
明治2年に新しく身分制度が定められて、それまで公卿(くぎょう)や藩を治めていた大名の諸侯(しょこう)は、領地や領民を国に返して藩知事(はんちじ)となり、「華族」としての地位が与えられました。
その後、明治17年に華族になった家の当主は上の5つの爵位(しゃくい)を名乗ることになりました。
 

宮尾登美子文学記念館(みやおとみこぶんがくきねんかん))※平成30年9月30日閉館しました

作家宮尾登美子さんの作品や愛用した着物などが展示(てんじ)されています。
 
宮尾登美子記念館の外観写真

所在地

〒052-0022 北海道伊達市梅本町57番地1
関連リンク宮尾登美子文学記念館(内部リンク)

電話

0142-21-7700
 

黎明観(れいめいかん)

藍染(あいぞめ)体験ができる「藍工房(あいこうぼう)」、刀を作っているところをみることができる「刀鍛冶(かたなかじ)工房」があります。
 
黎明観の外観写真

所在地

〒052-0022 北海道伊達市梅本町57番地1
関連リンク黎明観(内部リンク)

電話

0142-25-5567

お問い合わせ先

企画財政部企画課広報室広報広聴係
電話 0142-82-3114

メールメールでのお問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー