ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

看護師(かんごし)

診察中の看護士のイメージ画像
伊達市には病院などの医療(いりょう)施設(しせつ)や老人ホームなどの福祉(ふくし)施設がたくさんあります。
ここでは、そこで働く看護師(かんごし)さんの仕事を紹介(しょうかい)します。

どんな仕事をしているの?

お医者さんからの指示(しじ)で、診察(しんさつ)や治療(ちりょう)をするときの手助けをします。
また、病気やケガで病院にきた人や入院(にゅういん)している患者(かんじゃ)さんのお世話などもします。

主な仕事

  • 患者さんに注射をしたり、検査(けんさ)に使う血をとる「さい血」などをします。
  • 患者さんの血圧や体温、脈(みゃく)を測ります。
  • 入院している患者さんの様子をみたり、話し相手になります。
また、老人ホームなどの福祉施設では、施設を利用している人の薬の管理なども行うことがあります。
 

どうしたらなれるの?

看護師は、国家試験(こっかしけん)に合格しなければなりません。
この試験を受けるためには、高校を卒業したあとに、大学か短大、看護師養成校のどれかで3年以上勉強をすることが必要です。
それ以外では、中学校を卒業したあとに高校の一貫(いっかん)教育校という専門の学校で勉強して受ける方法もあります。そうして受けた国家試験に合格すれば、看護師として働くことができるようになります。

お問い合わせ先

企画財政部企画課広報室広報広聴係
電話 0142-82-3114

メールメールでのお問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー