ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

消防士(しょうぼうし)

消防車と救急車と消防職員の写真

火事のときに火を消すほか、逃げおくれた人を助けたり、ケガをしている人を病院に送りとどけます。
また、救急車に乗って、急病の人を病院に送りとどけたり、病院に着くまでに病気やケガなどの手当てをします。
くわしくは「伊達消防署(だてしょうぼうしょ)」をみてみよう。

消防署のおもな1日の流れ

交代

午前9時に前の日から働いていた人たちと交代します。
交代のときに、前の日にあった火事や事故(じこ)の報告(ほうこく)をうけます。

訓練(くんれん)

どんな事故や災害(さいがい)がおきても、すばやく活動できるように、訓練(くんれん)をします。
消火や救助、救急などそれぞれの担当(たんとう)にわかれて訓練しています。

点検(てんけん)

消防車、救急車などがつんでいる装備(そうび)の点検や防火衣(ぼうかい)など現場で使うものを確認(かくにん)します。

出動(しゅつどう)

119番の通報(つうほう)をうけて、火災・救急・救助の現場に出動します。

立入検査(たちいりけんさ)

みんなの家や会社などに行き、消火器や避難器具(ひなんきぐ)がちゃんと使えるようになっているか、火事がおきないように予防しているかなどの検査(けんさ)をします。

パトロール

町をみまわりながら、消火栓(しょうかせん)を点検(てんけん)します。
雪がつもって、消火栓や防火水槽などの施設(しせつ)がうまっていたら掘り起し、火事や災害(さいがい)があったときにそなえます。

仮眠(かみん)

消防は、24時間体制なので、夜中でも起きて電話がきたときのために待機(たいき)していなければなりません。
交代でおきて、119番などの電話の応対(おうたい)をします。
 

どうしたらなれるの?

消防士になるには、高校や専門学校、大学を卒業して、採用試験(さいようしけん)を受けます(男の人でも女の人でも受けることができます)。
救急隊員の資格(しかく)をとって採用試験をうけることもできます。
また、消防士は、災害(さいがい)現場でも活動するので、丈夫な体と体力、気力が必要になります。まずは、強い体と心を作ることから始めましょう。

お問い合わせ先

企画財政部企画課広報室広報広聴係
電話 0142-82-3114

メールメールでのお問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー