ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

教育委員会(きょういくいいんかい)

教育委員会は、学校やスポーツ、音楽や演劇などの鑑賞(かんしょう)、貝塚などの文化財保護(ほご)に関することを担当しています。これらをどんなふうに行っていくかを決めるのが教育委員と教育長で、伊達市には、4人の教育委員と1人の教育長がいます。教育長は3年、教育委員は議員と同じように主に4年間、委員を務めます。
伊達市の教育委員会では、この5人が決めたことに従って、4つの課や教育事務所などが仕事をしています。
このほかに、図書館などの管理もしています。
 

学校教育課(がっこうきょういくか)

教室内の写真
教育に関係するいろいろな仕事をしています。
市内の小中学校への入学・転校の手続き、学校でどんなことを勉強するのかという教育内容や先生がどこの学校で働くかなどを決めたり、学校の修理や建て替えなどを担当します。
 

生涯学習課(しょうがいがくしゅうか)

カルチャーセンターの外観写真
年齢(ねんれい)や性別(せいべつ)に関係なくどんな立場の人でも気軽に学習できるようにするにはどうしたらいいか、どんなことを勉強したいのかを考えたり、学習の場をつくる仕事をしています。
例えば、カルチャーセンターでの音楽鑑賞会(かんしょうかい)や美術展、演劇(えんげき)、サークルなどの展示のお手伝いをします。
そして、子どもがたくましく心豊かに(ゆたかに)成長する手助けをしたり、スポーツに関係することを担当しています。
市総合体育館やプール、有珠地区にあるパークゴルフ場やサッカー場などのより良い活用方法を考えたり、スケジュール調整のお手伝いもしています。
また、市に残されている大切な文化財を調べたり、それらの保存や活用を担当しています。
特に伊達市には、道内でも珍しい武家文化が残る「開拓記念館」や国が指定した「史跡北黄金貝塚公園」など豊かな文化財があります。
有名な芸術家(げいじゅつか)の作品展や芸術を学ぶ場となるアカデミーを行うことなども担当しています。
 

食育(しょくいく)センター

食育センターの外観写真
みんなが学校で食べる給食を作っています。
元気に遊んだり、勉強に集中できるように栄養などを考えて献立を決めています。
 

図書館(としょかん)

 図書館受付付近の写真
伊達市には、梅本町と大滝区本郷町にあります。
図書館で働く司書などが、本や雑誌(ざっし)、そのほかの資料(しりょう)などを集めて、借りにきた人が使いやすく並べて保管(ほかん)してあります。
伊達市・室蘭市・登別市に住んでいる人とそれらの市以外でも伊達市で働いている人なら本を借りることができます。
本の借り方などは、図書館へ行こうのページをみてみよう。

用語説明

司書

図書の専門家で、本の貸し出しをしたり、使う人の相談内容などによって必要な本などをさがす手伝いをします。
また、決められた分類方法にしたがって本の整理をして、借りにきた人が使いやすいように図書館の環境(かんきょう)を整える仕事をします。

お問い合わせ先

企画財政部企画課広報室広報広聴係
電話 0142-82-3114

メールメールでのお問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー