ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

7月のおすすめの本

もうすぐ夏休み(なつやすみ)!楽しい(たのしい)日々(ひび)が待って(まって)いるけど、宿題(しゅくだい)が。
そんな時(とき)は、とりあえず図書館(としょかん)へ行こう(いこう)!

星(ほし)が導く(みちびく)旅(たび)のはてに

「星が導く旅の果てに」の表紙
作者名(さくしゃめい)

スーザン・フレチャー

あらすじ

王家(おうけ)の血(ち)をひく誇り(ほこり)高き(たかき)少女(しょうじょ)と、夢見(ゆめみ)の才(さい)をもつ弟(おとうと)。ふたりは星に導かれ、祭司(さいじ)とともに砂漠(さばく)の旅(たび)へ。やがてその旅が、キリスト生誕(せいたん)の伝説(でんせつ)に結び(むすび)つき。
古代(こだい)ペルシアを舞台(ぶたい)に展開(てんかい)する壮大(そうだい)な歴史(れきし)ロマン。

出版社(しゅっぱんしゃ)

徳間(とくま)書店(しょてん)

とべないホタルのゆりかご

「とべないホタルのゆりかご」の表紙
作者名(さくしゃめい)

小沢 昭巳(おざわ あきみ)

あらすじ

色(いろ)とりどりの草花(くさばな)が生える(はえる)水辺(みずべ)を舞台(ぶたい)に、さまざまな昆虫(こんちゅう)や魚(さかな)たちが生きる(いきる)姿(すがた)をファンタジックに描き(えがき)、自然(しぜん)世界(せかい)を通して(とおして)、激しい(はげしい)競争(きょうそう)社会(しゃかい)を生きていかなければならない悲しみ(かなしみ)を静か(しずか)に物語る(ものがたる)。
「とべないホタル」シリーズ。

出版社(しゅっぱんしゃ)

ハート出版

星空(ほしぞら)ロック

「星空ロック」の表紙
作者名(さくしゃめい)

那須田 淳(なすだ じゅん)

あらすじ

「レオ、おまえは、おまえのロックをやれ!」 亡き(なき)友(とも)の言葉(ことば)を胸(むね)に、夏休み(なつやすみ)にひとり、ベルリンにやってきたレオ。右(みぎ)も左(ひだり)もわからない街(まち)で、レオは友との約束(やくそく)を果たす(はたす)ことができるのか?
14歳(さい)ギター少年(しょうねん)の青春(せいしゅん)ラプソディ。

出版社(しゅっぱんしゃ)

あすなろ書房(しょぼう)

ふたごの星

「ふたごの星」の表紙
作者名(さくしゃめい)

宮沢 賢治(みやざわ けんじ)

あらすじ

天の川(あまのがわ)の西(にし)に見える(みえる)2つの青い(あおい)星、双子(ふたご)のチュンセ童子(どうし)とポウセ童子。
ある晩(ばん)、2人は空の乱暴者(らんぼうもの)ほうき星にだまされ海(うみ)の底(そこ)へ落とされ(おとされ)てしまいました。2人は天上(てんじょう)へ帰れる(かえれる)のでしょうか?

出版社(しゅっぱんしゃ)

新日本(しんにほん)出版社

写真(しゃしん)で見る星と伝説(でんせつ)  春(はる)と夏(なつ)の星

「写真で見る星と伝説 春と夏の星」の表紙

作者名(さくしゃめい)

野尻 抱影(のじり ほうえい)

あらすじ

「星の文人(ぶんじん)」野尻抱影が、ギリシア、日本、中国(ちゅうごく)など世界(せかい)各地(かくち)に伝わる(つたわる)春と夏の9つの星座(せいざ)にまつわる物語(ものがたり)を紹介(しょうかい)。
美しい(うつくしい)星の写真とイラスト、星座のくわしい解説(かいせつ)も掲載(けいさい)する。

出版社(しゅっぱんしゃ)

偕成(かいせい)社
 
※あらすじは、図書館流通(りゅうつう)センター出典(しゅってん)

お問い合わせ先

教育委員会図書館(としょかん)
電話:0142-25-3336

ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー