ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

ふるさと発見(はっけん) その1「土塁(どるい)」

伊達市に住むわたしたちが知っていそうで知らない歴史(れきし)や裏話(うらばなし)を生涯(しょうがい)学習(がくしゅう)課(か)文化財(ぶんかざい)係がシリーズで紹介(しょうかい)します。
 

土塁(どるい)

伊達邦成邸宅の写真
明治23年に出版(しゅっぱん)された「北海(ほっかい)立志(りっし)図録(ずろく)」に掲載(けいさい)されている当時の市開拓(かいたく)記念館の様子(ようす)
 
伊達市の中心(ちゅうしん)に1ヵ所だけ木が密集(みっしゅう)している場所があります。
そこは伊達市の歴史をおはなしする上で、大切な場所のひとつ「伊達市開拓記念館」の庭園(ていえん)です。
この開拓記念館庭園は、伊達市の開拓を指揮(しき)した伊達邦成(くにしげ)の邸宅(ていたく)だった場所(旧伊達邸)で、ほぼ当時のままの姿を残して(のこして)います。

園内には国の重要(じゅうよう)文化財(ぶんかざい)「旧(きゅう)三戸部家(みとべけ)住宅」や市の有形(ゆうけい)文化財「迎賓館(げいひんかん)」が建っていますが、意外に知られていないのが「土塁」の存在(そんざい)です。
 

平成27年時点での開拓記念館にある土塁の写真

平成27年6月現在の土塁の様子、土が盛り上がっています

土塁とは、敵(てき)の侵入(しんにゅう)を防ぐ(ふせぐ)ために、土を堤防(ていぼう)のような形(かたち)に盛り(もり)上げて(あげて)作ったものです。

明治時代の開拓は、この旧伊達邸を中心に進められました。その一方で、開拓団は「北方(ほっぽう)の警備(けいび)」という使命(しめい)も与えられていたので、警備上の観点から旧伊達邸は土塁でぐるりと囲まれて(かこまれて)います。

また、土塁は「城(しろ)」を囲むように作られることから、当時の人々(ひとびと)は、この旧伊達邸を「城」と考えていたようです。

この土塁、実は北海道で最後(さいご)に築かれた(きずかれた)ものである可能性(かのうせい)があります。
北海道内では、明治元年に築かれた厚沢部町(あっさぶちょう)にある「館城(たてじょう)」の土塁が土塁建築(けんちく)の最後とされていますが、文献(ぶんけん)を調べた(しらべた)ところ、記念館の土塁は明治4年前後(ぜんご)に築かれたことがわかりました。

残念(ざんねん)ながら西側(にしがわ)の土塁は壊れて(こわれて)いますが、平成27年3月に行った調査で、かつての土塁の跡(あと)をみつけました。

140年以上たった今でも開拓記念館を守っているこの土塁。これからは私たちが守っていきたいですね。
 

用語説明

邸宅

家の中でも、特別(とくべつ)立派(りっぱ)なつくりの家。屋敷(やしき)。

使命

与え(あたえ)られた重大な務め(つとめ)、責任(せきにん)をもってやりとげなければならないこと。

文献

昔(むかし)の制度(せいど)やその時代を知るための資料になる記録(きろく)。

お問い合わせ先

企画財政部企画課広報室広報広聴係
電話 0142-82-3114

メールメールでのお問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー