ここから本文です。

令和5年度教育行政執行方針

令和5年第2回伊達市議会定例会(6月22日開会)で、影山吉則教育長が令和5年度教育行政執行方針を報告しましたので、その概要を抜粋しご紹介します。
※影山吉則教育長の「吉」の字は土の下に口です

はじめに

我が国におきましては、第5期科学技術基本計画(平成28年度から令和2年度)の中で、それまでのSociety4.0(情報社会)では、知識や情報が共有されず分野横断的な連携が不十分であるという問題があったことから、サイバー空間(仮想空間)とフィジカル空間(現実空間)を高度に融合させたシステムにより経済発展と社会的課題の解決を両立するSociety5.0(超スマート社会)が、今後、我が国の目指すべき社会の姿として初めて提唱されました。
これは、IoTによりすべての人とモノがつながり新たな価値が生まれる社会、イノベーションにより様々なニーズに対応できる社会、AIにより必要な情報が必要な時に提供される社会、ロボットや自動走行車等の技術により人の可能性が広がる社会の実現を図るものです。 
このような国の方向性を踏まえ、学校教育におきましては、先端技術を活用して新たな産業を創り出し誰もが快適で活力に満ちた質の高い生活を送ることのできる社会の実現を目指す人材、望ましい自己実現に邁進する人材の育成に向け、新しい時代の学校の基盤としての「学校DX(デジタル・トランスフォーメーション)」を推進し、超スマート社会に対応できる教育を確立しなければなりません。
本市におきましては、「GIGAスクール構想」による子どもたちの学びの充実はもとより、対面とオンラインの利点を活かしたハイブリッド型授業の工夫・改善を進め、新しい時代にふさわしい教育の実現を図るとともに、SDGs(持続可能な開発目標)の視点からこれまでの教育活動を再構築し、Society5.0時代の「学びの在り方の変革」を踏まえた教育活動を展開してまいります。
さて、学校教育のイノベーションが図られる一方で、社会全体としては、人生100年時代やデジタル社会の進展、絶え間なく変化する社会情勢を踏まえ、年齢にとらわれないキャリアアップ・キャリアチェンジの実現が求められております。このことから、学校教育と社会教育等のあらゆる学びの場面をとおして「人生100年時代の社会人基礎力」を育成するとともに、本市教育の基本理念である「自立・協働・創造」にある人材育成と社会の実現を目指してまいります。
また、持続可能な地域社会を創るためには、“誰かが何とかしてくれる”のではなく、自分たちが「当事者」として、自分たちの力で地域をつくり上げる気概と能力が必要であり、少子高齢社会から来る地方消滅という近未来予測に立ち向かう人材育成に加えて、新しい価値観を創出できる人材育成も急務となっております。そのためにも、地域を理解し仲間と協働して課題解決に当たる資質・能力を育むことをねらいとする「だて学」の重要性がますます高まっていると考えます。本市の学校教育におきましては、これまで以上に、市内の市立・道立学校が「『だて学』コンセプト・フロー」に基づき、発達段階に応じた学校種ごとの目標達成に向け、地域や関係機関・団体等と組織的・計画的に緊密な連携を図っていく必要があります。このことが、生涯をとおして学びに向かう姿勢を育む社会教育の活性化につながり、地元愛に根差した地域創生の原動力となる「伊達プライド」を持った「伊達人(だてびと)」の育成につながるものと考えております。 
伊達市教育委員会といたしましては、第2次伊達市教育振興基本計画に基づいた各種教育施策の取組に加え、道立学校である、北海道伊達開来高等学校の特色化・魅力化への支援、北海道伊達高等養護学校の本市と連携した教育活動への支援と、市内の幼稚園・保育所、すべての市立学校との系統性を図った教育の実施等について、「Team All DATE Schools」をスローガンに掲げ、市をはじめ、学校、家庭、地域や関係機関・団体等との連携を強化して教育行政を推進してまいります。

教育行政に臨む基本姿勢

はじめに、新型コロナウイルス感染症に関わり、「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」における感染症の分類が2類から5類に変更となり、社会全体の対応が大きく変わりました。
学校現場においても、これまで制限されてきた教育活動については、その必要性を十分に検討したうえで、積極的に実施していくことが求められております。
このような情勢のもと、本市の教育理念「自立・協働・創造」の目指すべき方向性にある、「自立」は「夢を志に高め、たくましくしなやかに、生涯を通じて挑戦し続ける人の育成」、「協働」は「共に学び育ちあう絆を強くし、地域が人を育み、人が地域を創る社会の実現」、「創造」は「郷土の歴史と文化を継承・発展させ、新しい価値観を創出する人の育成」とした意義を再確認し、教育活動のさらなる充実・発展を図らなければならないと考えております。 
以上のことを基本姿勢として、自らが伊達市の将来を創り出していくという主体性を持った人づくり、郷土の歴史や文化を誇りに思い、生涯にわたり生きがいを持って活躍できる学びづくりのため、次に挙げた推進項目と主要な施策を中心としながら、教育行政を執行してまいります。

主な推進項目

令和5年度の重点施策を学校教育、社会教育、歴史・文化芸術、スポーツの4分野に分け、それぞれに推進項目を定め事業を推進していきます。主な推進項目は次のとおりです。

学校教育

社会教育

歴史・文化芸術

スポーツ

主要な施策

第1 学校教育

第2 社会教育

第3 歴史・文化芸術

第4 スポーツ

推進項目の詳しい内容は、こちらをご覧ください。
PDF令和5年度教育行政執行方針 (382.1KB)

むすび

伊達市教育委員会といたしましては、市民が将来にわたりたくましくしなやかに生き抜くために、望ましい自己実現に向け、夢を描く力、夢を実現する力を育む教育活動の推進に加えて、学校教育と社会教育が協働し、市民一人ひとりが生涯にわたり豊かに学ぶことができるよう、学校、家庭及び地域はもとより、関係機関や団体等との連携を図りながら、本市教育のより一層の充実及び発展に全力で取り組んでまいります

過去の教育行政執行方針

PDF令和4年度教育行政執行方針 (376.9KB)
PDF令和3年度教育行政執行方針 (616.4KB)
PDF令和2年度教育行政執行方針 (611.2KB)
PDF令和元年度教育行政執行方針 (393.4KB)
PDF平成30年度教育行政執行方針 (353.9KB)
Get Acrobat Reader web logo
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、"Get Adobe Reader"アイコンをクリックしAdobe Readerをインストールの上ご参照ください。

お問い合わせ先

教育委員会学校教育課企画総務係
電話 0142-82-3298

メールメールでのお問い合わせはこちら